2021-04-29

100万円超えの腕時計買ってみたら、昔とは違った価値が見えてきた。

こんにちは、たんたんです。

僕は昔、とび職人をやっていましたが、
割と給料的には良かったので(仕事内容は激務ですが、、)
周りの仲間たちはロレックスとかの高い時計をよくつけていました。

僕自身は時計に全く興味がなく、
仕事で使うジーショック以外に時計を買ったこともありませんでした。

「時間なんてスマホで見れんだからいらなくね?」

これが当時の僕の率直な意見です。

それはネットビジネスである程度自由になった今でも変わらず、
最近買った時計はもっぱらスマートウォッチだったりします。

そもそもブランド物とかもあんまり興味がないので、
今も昔も、知識への投資はしまくってきましたが、
物質的なモノへの投資ってあんまりしてきませんでした。

「20万円のカバンを買うくらいなら、
20万円で教材を買って知識としての
リターンを手にした方がよくね?」

みたいな。

でも、今回たまたま知人から、
時計を買って欲しいと頼まれて
ノリと勢いで買ってみたら、

昔とは違った良い気付きや変化があったので、
そのお話をしていこうと思います。

時計=見栄っ張りのバカが買う物だと思ってた人間が100万円超えの時計を購入

僕はインターネットビジネスを始めてから、
時計は基本的にずっとアップルウォッチを使っていました。

アップルウォッチって便利ですよね。

時間が見れるのはもちろん、
通知とか、音楽の再生とか、通話とか。

心拍数なんかも見れて、
ランニングにも大活躍してくれます。

ですがつい先日、
昔から付き合いがあったとび職人時代の知人に、

「コロナで仕事が減って生活が苦しいから、時計を買い取って欲しい」

と言われ、
一瞬悩みましたが昔からの知人ということもあったので、
ノリと勢いで「いいよ~!」ってな感じで買い取りました。

金額は300万円。

質屋の査定よりも、
10万円ほど色を付けて買い取ってあげました。

昔から僕は100万円を超えるような高級腕時計は、
単純に見栄を張るための道具としてしか考えていなかったので、
インターネットビジネスで成功した今、
見栄を張る必要なんて1ミリもないですし、

これって投資対効果あるのかな?

なんて買い取った数時間後に、
ちょっと落ち込んだのはここだけの話です。

浪費ばっかりしていると人生はつらくなるので、
なるべく投資をしていきたいというのが僕の考えですが、

果たしてこの「時計への300万円」は、
投資なのか、浪費なのか、、、と思い、

まぁカッコいいからいっかぁ~

と自分を納得させていました。

そして後日改めて考えて見ると、
これっと投資だったんだなと気付いたんです。

生活の変化がおきた

さっきもちょろっと言いましたが、
正直、買い取る時は多少の「痛み」がありました。

高級時計=見栄を張る為の道具
って考えの見栄をはる必要のない人間が、
300万円で時計を買うのって自分の中の常識をぶち壊す行為です。

あとはそもそも、
新しいレベルにあがるときに、
痛みは必ず伴うものです。

昔、150万円のコンサルを受けるときも
めちゃくちゃ大きな痛みが伴いました。

初体験だし、怖いし、ひやひやしていました、、、
(まぁその痛みは新しいレベルへ上がる為のサインであって、
実際僕も、受ける前と受けたあとでは全く違う未来になっています)]

今回は知人のためでもあったし、
ノリと勢いで押し通して買い取りました。

そしてどんな変化があったかと言うと、

まず、新しい価値観が自分の中で生まれました。

ただの時計に見えて、
ただの時計では無かった。

昔の僕は、
時計=見栄を張る為の道具=高けりゃ何でもいい。
ってな感じでしたが、

今では考えが180度変わっていました。

高級腕時計には歴史があり、
過去から現在までの広告費が、
その商品に乗っかっています。

それに、空間(お店)での体験や接客、
それら全てこみこみでの価格になります。

(知人から買ったあとに、
オーバーホールをする為に銀座のオーデマピゲに
行きましたが、接客から空間まで最高のサービスでした)

高いモノには必ず理由があって、
やはり品質も良く、長持ちするし、

たった1つの商品にたくさんの人が
関わっていて、多くのファンが生まれています。

その商品の背景にある情報や歴史を考えると、
とんでもない「価値の深さ」を感じました。

もう、ただの腕時計ではないわけです。

2015年に発売された、40,000円くらいの
アップルウォッチと比べても、
価値の深さが何十倍にも差があります。

なので、いざつけてみると
昔と違って何だか不思議な気持ちになりました。

高級腕時計は高級腕時計で戦っていて、
10年後も50年後も100年後も、
この歴史を守って戦っていかないといけない。

広告費なんて、とんでもない金額になるし、
ライバルに打ち勝つための戦略を続けないといけない。

何千人、何万人もの人が関わっていて、
そこには想像を絶する物語があり、

絶望と希望を繰り返しながら、
過去~現在のこの瞬間までをつないで、
それをさらに未来までつないでいかないといけない。

リレーのバトンのように、
歴史を紡いでいる感覚になりました。

ずっと、
ただの見栄を張る為の道具だと思っていたのに。です。

そして、昔とは違い、
高級な腕時計をつけることで
自分への自信がつきました。

自分のイメージのことを、
「セルフイメージ」なんて言いますが、
そのセルフイメージが数レベル上がった感じ。

日本人ってセルフイメージが極端に低いので、
自分に自信を持てなかったり、
自分には価値がない。と思い込んでいる人が多いんです。

セルフイメージを自分の力で上げることが難しいなら、

物の力を借りて、
セルフイメージを引き上げることも、
全然アリだなと思いました。

もちろん、内面を磨いて、
セルフイメージを上げていくもの大事ですけどね。

周りの態度の変化がおきた

そして、周りの態度の変化です。

良いモノを持ってると、
周りの見る目や態度が変わります。

そして、
良いモノを持っている人が自然と周りに集まってきます。

そこに”会話”が生まれ、
そして”縁”が生まれてきます。

「その時計かっこいいですね!
僕もそのブランド大好きなんですよ~!」

ってな感じで、
初対面の人との共通の話題ができたり、

ハイブランドが好きということは、
昔の僕の様なタイプではない限り、
ある程度お金に余裕があって、
なにか自分でビジネスをやっているのかな?
なんて、会話を深堀りすることもできます。

これから夏なので、
今度は時計以外にもTシャツを買ってみようと思っていて、

Tシャツ1枚がキッカケで、
思いもしない縁が生まれる予感がしています。

「そのTシャツおしゃれですね~どこで買ったんですか?」

という会話をキッカケに、
仲良くなれるケースって以外にも多いです。

こんな感じで新しい価値観がインプットされたり、
セルフイメージのレベルが上がったり、
生活に変化が訪れたり、
周りの見る目や態度が変わっていったり、

最初は見えっぱりの道具だと思っていたけど、
実はものすごく強力なビジネスツールだったんだと気付きました。

これは浪費ではなく、投資だ。と。

あとコンテンツビジネスにおいては、
自分の人生の全ての経験が価値になるので、

そういった意味では、
浪費という考えは存在しないのかもしれませんね。

極論を言えば、

競馬に行って、1日50万使ったとしても、
その経験から学んだことをコンテンツにしてしまえば、
それは素晴らしい価値にかわってしまうので、、、。

「競馬で50万円使って分かった、
人間の興奮するシチュエーションについて」

ってな感じのって、
面白そうじゃないですか?

コンテンツビジネスが最強だってことが分かりますね。

投資の順序を間違えると一貫の終わり

ここまで読んでみて、

「いいな~。私も高級な時計とか服とか買ってみようかな」

な~んて思った人もいるかもしれません。

実際、メリットばっかりなので、
今まで安物ばかりを買ってきた人や、
全然興味なんてなかった人は、
この機会に買ってみるのもアリだと思います。

僕のように、
既存の価値観がぶっ壊すこともできるかも。

ただ、ここで1つだけ考えてほしいことは、

「たんたんは、
好きな時計とか服とかカバンなんていくらでも買えたはずなのに、
なんで今まで全然買ってこなかったのか?」

っていう点です。

それこそ、とび職人として会社を立ち上げたころは、
湯水のごとくお金を使って、ハイブランドの服やらカバンやら
時計やら車やらいろいろと買ってきましたが、

倒産をして貧乏生活を味わってから、
明確に投資の「順序」を意識していました。

つまりは、人生を豊かにするために、

まずは”スキル、知識、思考”に投資をして、
次に”経験、事業”への投資。

使っても使っても、
お金がドンドン入ってくる状態を作り上げてから、
金融投資や物質的なモノへの投資。ってな順序です。

スキル、知識、思考→経験、事業→金融投資、モノへの投資

これの順序を間違えている人ほど、
ドンドンと貧しくなっていきます。

よくあるのが、
現金で100万円くらしかないのに、
いきなり株とかFXとかに手を出して、
雀の涙ほどの配当を手にしたり。

僕だったらその100万円を知識に使い、
毎月100万円以上のお金を余裕で稼げるようになったあと、

1,000万円以上の現金を使って、
株式投資へシフトをしていきます。

その方がレバレッジが効いてると思いませんか?

あとは、お金や時間が全然ない状態で、
ハイブランドの服とかカバンを買ってしまい、
結局お金が全く残らない。という状態。

スキルや知識、経験がない状態で、
「経験へ投資、投資!」とか言って、
1ケ月でめちゃくちゃ色んな人と会う。

みたいな人もいますが、順序が違いますし、

「自分の力でもっともっと稼ぎたい!」
と言っている人が、速攻で彼女を作って、
お金も時間もじゃぶじゃぶ彼女に使ってるパターンなんてのも
順序と配分がガチャガチャになっています。

順序ってすっごく大事です。

最初の方に、
「知識への投資はしまくってきたけど、
物質的なモノへの投資はあんまりしてこなかった」

と、書きましたが、

事実、人間の欲って無限大なので、
これも、これも、これも買おう!!と思ったら、
いくらでも買えちゃうんです。

じゃあもしも手元に1億円あったら、
いくら物欲がないって人でも、
家とか車とかゲームとか服とか買いますよね。

何にも買わずに札束を捨てるって人なんていないと思います。

僕は投資の順序を考えて、
物質的なモノへの投資は後回しにしてきました。

その結果、腕時計を買った月、
ほぼほぼ遊んで毎日過ごしていましたが、
売り上げは400万円を超えていました。

つまり、
腕時計の出費を自動的に回収していたんです。

他にも、1週間海外旅行に行ってる間に
100万円を使ったけど、気づいたら200万円稼いでた。みたいな。

まだ夢物語のように感じるかもしれませんが、
投資の順序を間違えなければ、これが当たり前です。

自動的に「収入>>>出費」になる状態を作って、
好きなモノを好きなだけ買ってください。

こころの余裕も段違いになります。

最近だと、15万円のデスクチェアを買ったりもして、
これからは生活をより豊かにするために、
いろいろなモノに投資をしていこうかなと思っています。

(知識への投資もこれまで通りガンガンしていきますけどね。まだまだ成長できるので。)

今まではデスクチェアとかどうでもよかったんです。

「座れればよくない?」

「椅子に15万も使うんだったら、
15万円の教材を買って勉強するわ。」

みたいな感じ。

でもやっぱり、高いモノは違います。

面白いくらいに、ほんとに違います。

座り心地も段違いだし、
何より、長時間座っていても全く疲れません。

今では、座るのが楽しみになっています。

とにかく、
投資の順序をしっかり決めて戦略を立てると、
どんどん人生が豊かになっていきます。

これをとび職人時代に気付いていれば、、、、。と。

ちなみに、何でもかんでも自動化して、
単純にニート生活を楽しみたいだけじゃないの?

なんてよく言われますが、全く違いますからね。

確かに自動化をすれば、
何もしなくても生きてはいけますが、
僕はもっともっと上を見ています。

現状維持は後退だと思っているので、
これからもガンガン進んでいきます。

一緒にがんばっていきましょ!

ではまた。


1,280円の電子書籍が無料で読めます

僕は今、自動で月収200万円以上稼ぎ、
これまで累計1億円以上稼いできました。

それは僕に才能があったわけでも、
環境に恵まれていたわけではありあません。

それが今では嫌な上司の付き合いや
汗水たらして働くことは一切なく、
毎日が夏休みのような生活を送っています。

元々は高校を中退したただのとび職人で、
労働地獄の毎日を送っていました。

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真剣に取り組んでみたら、
あっさりと人生大逆転に成功しました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
ネット上に資産を作って自動化する方法、
仕組みに働かせて自分が働かなくてすむ方法など、
一生モノのスキルと資産を作り上げてきました。

その経験から分かったことは、
生まれた環境は選べなくても、
勉強をして、正しく行動すれば、
誰でもネットを使って成功できると確信しています。

そして、そういった人が少しでも増えて、
1回キリの人生を幸せに生きる人が1人でも多くなれば、
世の中がもっと良くなっていくと本気で思っています。

そういった信念から、
僕がどのようにビジネスに取り組んでいき、
全くのゼロから資産を作り上げてきたのか、
その成功体験の全てを1冊の書籍にまとめました。

電子書籍は通常1,280円で販売をしていますが、
メルマガ読者さん限定で無料で公開しています。

ストーリー形式で作っているので、
活字が苦手な人でも20分程度でサクッと読めます。


無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、10秒以内に受け取れます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

▼メルマガの詳細はこちら▼

たんたんメルマガ

公式メルマガ

矢印

   
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です