2021-04-13

音声学習の効果を10倍高める方法

動画でも解説してます↓

どうも、たんたんです。

この間、読者さんからこんな質問が届きました。

ーーーーーーーーーー

最近、音声学習をやっているのですが、なんだか普通の本と違って内容が頭に残りにくい気がします。なにか効率のいい音声学習の方法はありますか??

ーーーーーーーーーー

という質問です。

最近は僕も毎日、音声学習で学んでいます。

結論から言うと、
音声学習で効率良く学ぶには、

何でもいいからとにかくアウトプットすること

です。

音声学習は確かに便利で、
忙しい会社員の人や、活字が苦手な人にもオススメです。

しかし、普通に音声を聞き流しているだけじゃ、
その内容はほとんど右から左にでていってしまいます。

なので今回は、
そんな音声学習の効果を10倍高める方法をお話していきます。

音声学習の効果を10倍高める方法

それは、1回の音声学習に対して、
“必ず3か所は要点や気づきをメモする”ことです。

スマホのメモ帳でも手書きでも何でもいいです。

満員電車の中で音声を聞いたなら、
駅に降りた時にすぐにメモをする。

とにかく速攻アウトプットしましょう。

僕がコンサルをしていた時も、
オーディオブックなどで学んだことを、
そのままクライアントさんと共有して
自分自身の記憶の定着もさせていました。

絶対に3か所アウトプットするぞ!!

って決めて聞き始めると、
集中力が高まり、聞くためのマインドが整います。

ただ漠然と聞き流しているだけでは、
右から左にドンドン流れていってしまうので、
“後で書き残す為に聞く”というマインドが超重要です。

実際に僕も忙しくてメモを後回しにして、
後で思い出して書こうと思っても、
結局ほとんど忘れちゃってたなんてこともあります。

そのくらい、人間の記憶力なんて曖昧なものなんです。

できればその日の内に、
メモを取ったり、会社や家族に内容を話したり、
速攻でアウトプットすることを目指してください。

音声学習でしっかりと学ぶことができれば、
移動時間が1日1時間だったとしたら、
1ケ月で20~30時間は学習ができることになります。

1年にすると300時間ほど。

家庭内でも同じで、
毎日1時間家事をしながら音声学習をすれば、
年間365時間も学習ができます。

まとめると、

  • 音声学習をする時は“必ず”3か所は要点や気づきを書き出す
  • 初めからメモをする為に聞くというマインドを持つ
  • 継続して続けることで膨大な量の学習ができる

ではまた。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です