aaa
2021-05-29

情報商材ってなに?

どうも、たんたんです。

今回は情報商材についてお話していきたいと思います。

僕の今の結果があるのは、
質の良い情報商材に出会えたおかけでもあります。

逆にそれがなかったら、
月に100万円とかは稼げなかったと思います。

まず情報商材とは、
インターネット上で購入できる情報のことです。

有名な購入場所と言えばインフォトップですかね。

本とか学校、塾なんかも呼び方をかえたら情報商材なんですけど、
最近は昔よりも勉強しやすくなっていて、
動画形式の情報商材が増えているみたいですね。

情報商材のメリット・デメリット

メリット

まずはメリットから紹介しますね。

  • 本よりも実践的な知識が多い
  • 継続してサポートを受けられるモノもある
  • コンテンツが定期的に改善されていくモノが多い
  • ニッチなジャンルの商品が多い

この辺が一番のメリットなのかな。と。

もちろん、メリットだけではないです。

デメリット

逆にデメリットを挙げるなら、

  • 詐欺商材もある
  • 本よりも値段が高い

こんなところかと思います。

実際に僕も詐欺商材に騙されたこともありますし、
僕以外にも騙されて大事なお金を失ってしまう人の話も聞きます。

僕の経験上、

「1クリックで稼げる」「コピペで稼げる」

このあたりのキャッチコピーで売り出している商材は、
ほぼほぼ全て詐欺商材だと思ってもらって構いません。

しかし、
しっかりと学べる良い教材も存在しますので安心してください。

世間では詐欺商材が目立ってしまっているので、
全ての情報商材が詐欺だということを言っている人もいますが、
これは完全に勘違いです。

ちゃんと学べる教材も多くあります。

情報商材のおかげで僕は自己流にならずに済んだし、
同じ20代の何倍もの収入を手にすることができています。

学校でも教科書を使って勉強するのと同じように、
インターネットビジネスも情報商材という教科書を使って勉強し、稼げるようになります。

「自己流で稼いでやろう」

なんで甘い考えは捨てた方が自分のためになります。

僕のメルマガでは、
比較的ハードルが低く取り組みやすい推奨教材を紹介しているので、
まずは最初の勉強代として投資をしてみてくださいね。

Amazonランキング5部門で上位入賞の書籍を読めます

僕はここ3年で累計1億円以上、
月収200万円を稼ぎ続けています。

それは才能があったわけでも、
環境に恵まれていたわけでもありません。

もともとは人見知りで友達も少なく、
中卒でとび職人をやるも怒られてばかりの
典型的なダメダメ人間でした。

お金がなさすぎて、
もやしを食べて生活してた時期もあります。
(ガチです。)

お金も知識も人脈も何もかもゼロでしたが、
一歩勇気を出してビジネスを始めてみると、
意外にもあっさりと人生が180度変わりました。

そのビジネスを学ぶ途中で、
人を動かす方法や戦略を立てる方法、
ネット上にコンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校の先生は絶対に教えてくれないことを学ぶことができました。

その僕自身の経験から、
生まれた環境は自分で選べなくても、
正しい方向に努力して正しく成長すれば、
誰でも資産を手に入れて豊かになれると確信しています。

そして、そういう人が1人でも増えれば、
日本人一人一人が活気づけられて、
世の中の商品やサービスがグレードアップし、
世界はより良いものになると本気で思っています。

そういった僕の理念から、
僕がどのようにビジネスに取り組んで、
全くのゼロから資産を気付いていったのか。
その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

そしてその電子書籍がAmazonランキングの、
「個人のビジネス成功論」やその他4部門のカテゴリで、
上位入賞をすることができたのでそれを記念して
メルマガ読者さん限定で書籍を無料で公開しています。

ストーリー形式で書いていて、
活字が苦手な人でも20分もあれば
サクッと読めてしまう内容なので、
もし興味があれば一度読んでみてください。

電子書籍「暴露!元とび職人の収入自動化術」を読んでみる

メアドを入力すれば、15秒以内に受け取れます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

\▼メルマガ登録はコチラから▼/

<メルマガの内容をチラ見せすると・・・>

◆ほったらかしでも月200万円以上稼ぐ「自動化」の方法とは?
◆3か月で脱サラ・起業し、なおかつ豊かな人生を歩むために必須の考え方とは?
◆一撃600万円を達成したプロモーションの裏側とは?
◆1日10人以上がジャンジャン集まる集客戦略とは?
◆Webマーケティングをリアルビジネスにフル活用する方法とは?
etc...

もしもこの記事が役に立った!と思われたら、
ページ最下部のコメント欄にコメントを頂けるとすごく喜びます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です