2021-05-02

学びを辞めたらそこで試合(人生)終了ですよ。

どうも、たんたんです。

僕はインターネットビジネスで生計を立て、
インターネットビジネスで人生を創り上げています。

でもそれはつい3年ほど前からの話で、
それまでは普通に会社員として働いてみたり、
そっから建設会社を起業してみたりしていました。

まぁ1年と持たずに速攻で倒産したんですけどね、、、。

2021年も早いもんでもう5月ですが、
最近になって地元の後輩から、

「たんたんさん、新卒で入社したはいいんですけど、ぶっちゃけもう会社辞めたいです、、、。」

なんて相談をもらいました。

自分で言うのもなんですが、
僕は人よりもかなり面白い人生を歩んでいるので、
(それが良いのか悪いのかは置いといて。笑)
結構この手の相談をされることが多いんです。

この手の相談をされたときには、
僕はいっつも同じ答えを返しています。

「別に会社なんてやめても人生は詰まないから大丈夫。
俺的にはブラック企業で働く=人生詰むって感じだからね。
でも、知識を付けること=学びを辞めたら本当に人生詰むからそれだけは覚えときな!」

ってな感じです。

別に会社を辞めたって、
すぐに人生が詰むってことはありません。

でも学びを辞めたら、マジで人生詰みます。

そのことについて今回は考えていきましょう。

ぶっちゃけ仕事なんか辞めても人生は詰まない

仕事を辞めたとしても、
人生はそのまま普通に続いていきます。

別にそれだけで人生が詰むことなんてありません。

人生の選択肢なんてのは、
世の中には死ぬほどあるので
それを探していくだけなんです。

さっきの後輩の話じゃないですけど、
僕の友達に3年前に会社を辞めて
そこからニートをしている友達がいます。

その友達はめちゃくちゃ不幸で、
人生詰んでいるかと言われれば全くそんなことありません。

むしろ誰よりも楽しそうに毎日を過ごしています。

実家に住んで毎日大好きなゲームをして、
必要最低限のお金が無くなったら、
日雇いの仕事に出てお金を稼ぐ。

自分が幸せなら、
生活の形なんてなんだっていいと思います。

人生を真剣に考えすぎ

僕のLINEやメルマガには、
毎日のように人生相談が届きます。

メディアの登録者は
全部合わせて1,000人を超えたので、
相談箱みたいな感じになっています。

その中で僕が思ったこと。

“人生”を真剣に考えすぎじゃね、、、?

例えばこんな感じのメッセージ。

「たんたんさん、このまま続けていても不安しかないんです、、、」

確かに不安な気持ちも分かります。

でもこの相談をしてくれた人は、
20代前半の人だったりします。

そりゃあ不安でしょ。
まだ人生始まったばかりなんだから。

って思います。

この人は最初の就職で失敗したのかもしれません。
でも、結婚とかでも3回目で分かるとかってよく言うじゃないですか。

それと全く同じで、
最初に入った会社があなたにとっての
ベストな会社な可能性って限りなく低いもんです。

道が見えないから不安になる

イメージだとこんな感じですよね。

先が見えなくて、
なんだか怖くて不安ですよね。

それが僕の場合だと、こんな感じ。

道が開けてて、色んな選択肢がある。

なぜこうなったのか?

要するに、知識。
本を読んだり音声学習したり、
色んな情報を集めて視野を広げる。

そうなってくると、
「別に会社なんか辞めたって人生詰まないじゃん」
ってなことに気が付くわけです。

ちなみに、
音声学習をの効果を10倍高める方法を
下記の記事にてお話をしています。

会社を辞める前にやるべきこと

会社なんて全然辞めてOKです。

例えば、
こないだ僕の友達がインスタに
こんなストーリーを上げていました。

こういう状態がベストですよね。
辛いならさっさと辞めた方がいいんです。

辛いの定義は人それぞれですが、
僕的には”胃が痛い”とか”笑顔が減った”とか、
身体に影響があるときだと僕は思います。

こんな状態だったら、
迷ってる場合じゃないので、スグに辞める。

でも、わりかし健康だったら
辞める前にやるべきことが1つだけあります。

それは、勉強&副業です。
会社を辞めたら収入はゼロ。

僕の友人のように、
実家に住んでたまに日雇いの仕事をするのもアリですが、
多くの人はそこまで振り切ることは出来ないかも。

なので、まずは勉強したり副業がオススメです。

っていうか、
こういった学習をしないと
一生ラットレースから抜けだせません。

学ばない人は人生詰む

何回も言いますが、
会社は辞めても何の問題もありません。

人生が詰むなんてことはありません。

でも学びを辞めた人は、
速攻で人生詰むと思います。

仮に会社を辞めたとしても
勉強しない人の人生はこう。

でもしっかりと学びをして、
副業で少しでも稼げる様になったらこう。

そのまま真っすぐ突き進んでもいいし、
全く別の道を進んでいってもいい。

いろんな選択肢があるってことに気が付くはず。

なので、学びが必要です。

とはいっても、
勉強をしているだけでは飽きちゃうので、
適度にアウトプットしてあげるのが最適解。

それが、”副業”ってなわけです。

そもそも何から学べばいいのか

僕がこのブログで
「勉強をして学びましょう」と言っても、
ほとんどの人は、
「何から勉強すればいんの、、?」
ってな感じだと思います。

僕も昔はおんなじ気持ちでした。

勉強=学校でするもので、読書も全くしない。
学校も嫌いで高校を中退してとび職人になった僕には、
なんの勉強をすればいいかも、
何を勉強すればいいのかも分かりませんでした。

こんな感じの人生だと、
そもそも”勉強する習慣”が
全くなかったりするもんです。

「結論」とりあえず本を1冊読もう

結論から言ってしまえば、
なんでもいいからとにかく本を読んでみることです。

僕が本を読むようになったのも、
父親に本を読めと言われたからという
至極単純な理由でした。

僕が高校を中退するときに、
“この本を読んでみろ”と言われて
仕方なく読み始めたのがきっかけです。

そんな1冊の本が、
その後の僕を変えるターニングポイントになりました。

その本をここで紹介すると少し長くなるので、
また別の記事にでもして紹介をしますね。

あ、あと僕が書いた本もあったりします。

僕の今までの人生のストーリーや、
月470万円の自動化収入を作る為に
やってきたことの全てを書籍化しました。

コチラからどうぞ↓

15分くらいでサクっと読めて、
1,100人以上の方が受け取ってくれて好評です。

1つの思考=成果は100倍

100倍は少し言い過ぎかもですが、
めっちゃくちゃ大きい差が生まれてきます。

例えば下記のような。

  • Aさん:仕事がつまんない。お金の為に働き、ダラダラと毎日を過ごす。
  • Bさん:仕事がつまんない。でも、会社の仕組みをそこで勉強する。

こんな感じです。
同じつまんない仕事だとしても、
学びには大きなちがいがありますよね。

儲かっている会社ほど、
意外と単純作業の繰り返しだったりします。

それはなんでかと言うと、
いわゆる仕組み化ができているからなんです。

僕ら経営者の視点でみてみると、
儲かっている会社はめちゃくちゃ優秀な
仕組み化が出来ているってこと。

仕事そのものがつまんなくても、
とらえ方1つで何でも学びに変換できます。

まずは1冊本を読んでみよう

今回はこんな感じで終わろうと思います。

まずはホントに何でもいいので、
本を1冊読んでみてください。

さっきもチョロっと言ったように、
僕も本を出版していたりします。

最初の1冊にはピッタリの本だと思うので、
気になる方は下記から受け取って見てくださいね。

コチラ→無料で電子書籍を受け取る

ではでは。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です