aaa
2021-10-05

コンテンツビジネスは難しい?いやいや簡単です。月200万稼ぐプロが教えます。

どうも、たんたんです。

僕はコンテンツビジネスを自動化して、
月200万円以上、累計1億円以上を、
労働時間ゼロで稼いでいます。

で、そんなコンテンツビジネスですが、
巷ではよく難しいって言われているのを聞きます。

もしかしたら、コンテンツビジネスが難しいと思って、
この記事を見ている人もいると思いますが、
コンテンツビジネスって全然難しいもんじゃないですよ。

ってかむしろめっちゃ簡単です。他のビジネスに比べたら。

他のビジネスだったらそもそも店舗を構えたり、
色んな用意をしなきゃいけないです。

小さなカフェをするだけでも、
すっごく大変なことです。

そもそも準備に数百万円以上は、
確実に必要になってくるし、

期間も半年~1年ぐらいかけて、
ようやっと始めることができます。

こないだ終わったボンビーガールとかで、
新しいお店を始める人の特集とかありましたけど、
本当に大変そうでした。

なのに、利益率は圧倒的に低いですしね。

その点、コンテンツビジネスだったら、
半年~1年も頑張れば成功できます。

そんなコンテンツビジネスについて、
今日はお話をしていきたいと思います。

コンテンツビジネスは難しい?いやいや簡単です。

コンテンツビジネスは、
自分が商品を提供したいジャンルを見つけて、
そのジャンルで悩みを抱えているお客さんに対して、

解決策、またはスキルアップさせることができる情報を、
文章に書いてPDFにしたり、動画で解説したりするだけです。

たったそれだけなんですよね。

それをお客さんに送るだけなので、
ビジネスとしてはめちゃくちゃ簡単な部類だと思います。

自分のビジネスジャンルが決まってるのなら、
今日この瞬間から始められます。

初期費用もほぼゼロですしね。

最適な環境を整えるにしても、
月に数千円あれば十分です。

クオリティ云々を抜きにすれば、

今日、商品を作って、
今日、販売ページを作って、
速攻で売り出せます。

それなのに、
というかそれだからこそなのか、
かかる費用がめちゃくちゃ少ないから、
利益率は圧倒的に高いです。ほぼ100%です。

1万円の商品を売ったとしたら、
決済の手数料で数%取られるだけなので、
9,500円くらいは利益になります。

こんなに簡単なビジネスは他にないですよ。

儲かるビジネスの4原則すべてに当てはまる

コンテンツビジネスは、
あのホリエモンこと、
堀江貴文さんが提唱している、
儲かるビジネス4原則すべてに当てはまっています。

その4原則とは?

  1. 小資本で始められる
  2. 在庫を持たない
  3. 利益率が高い
  4. 毎月の定期収入が確保できる

です。

この4原則が、
いかにしてコンテンツビジネスに当てはまっているかを、
詳しく解説していきますね。

4原則その①:小資本で始められる

コンテンツビジネスは、
極端に言えば、タダで始められます。

ビジネスをするのに最適な環境を整えるために、
多少投資をしたとしても月に数千円あれば、
十分に始めることができます。

ブログ、SNS、YouTube、メルマガなど、
必要なものを全て用意しても月に数千円あればオッケー。

自分のドメインではなくなっちゃいますが、
自分の商品販売ページのレターを作る時も、
ペライチというサイトを通せば無料で作れます。

(ただ、ここはお金をかけて、
有料のサービスを使ってもいいと思いますが。
コンテンツビジネスに必要なツールはこちら

商品を作る方法は、自分のスキルとか経験を、
PDFで文章にしたり、動画として音声収録をしたり
するだけなので、商品開発自体にもお金をかけなくていいです。

僕も商品も全て、マインドマップ+音声の
動画形式で作っていますからね。

しかも、商品として作れるジャンルは幅広く、
僕のようにWebマーケティングを駆使して、
セールスライティングやWebで集客するスキルを高め、
ネットビジネスで成果を出す方法を教えたり、

人間関係を円滑にするための、
コミュニケーション術を動画にして教えたり、

筋トレの知識がある人が、
効率よく筋肉をつけてカッコいい体になる方法を、
動画にして販売をしたりなどできます。

もしくは音楽の知識がある人が、
DTM(デスクトップミュージック)で、
カッコいい音楽を作る方法を具体的に解説した動画を売ったり、

犬のしつけを上手くする方法を販売する人もいれば、

あがり症で苦しんでいる人に向けて、
あがり症を抑え、人前で自信を持ってプレゼンする方法を、
解説して動画にして販売する人だっています。

いい例として、Web学習サービスのスタディサプリというものがあります。

スタディサプリはWeb学習システムで、
大学受験予備校と同じ質の高い授業を、
ネットを通して配信をして、利用者は
家のパソコンやスマホで視聴する形をとっています。

あれだってオンライン上のコンテンツを
販売しているという意味では、
コンテンツビジネスと全く同じです。

スタディサプリは、
あの超大手の株式会社リクルートが実践しているビジネスなので、
そのビジネスを僕たち個人でも実践をして大金を稼ぐことが可能なのです。

そして、僕はそのコンテンツビジネスで、
もう3年以上、生計を立てています。

正直、ほとんどの業種のビジネスは、
ネットでコンテンツ化できると僕は思っています。

少なくとも本屋で売られている本のジャンルであれば、
簡単にコンテンツ化することはできますからね。

世の中、悩みの種類なんて腐るほどあるわけで、
その中のたった1つに特化をしてその悩みを解決してあげれば、
それだけで大きく稼げる可能性が高いです。

もちろんコンテンツを販売するスキルを高めるために、
学ぶ意味でビジネスの勉強に投資をした方が質の高い商品を作れて、
稼げる可能性が上がるので、その部分の投資はオススメです。

しかし、普通のビジネスのように、
商品開発やお店を構えることに数百万円、数千万円も
かかることに比べれば圧倒的に少ない資金で始めることができます。

例えば、自分が興味あるジャンルに関して、
本を10冊でもしっかりと読みこんでいけば、
そのジャンルについてはある程度、
ノウハウを提供できるレベルになります。

本なんて、1冊千円くらいですからね。

極端に言えばブックオフで中古の本だったら100円でも売ってます。

つまり最小で1,000円くらいでも、やる気さえあれば、
十分にそのジャンルのスキルを身につけることは可能なんです。

また、自分がそのジャンルで、
トップクラスのスキルがないと、
商品が売れないんじゃないか?

と、思ってる人が多いです。

断言しますが、

それは単なる思い込み

です。

自分のスキルがその業界のトップクラスでなくても、
人が喜んでくれる価値を提供することはできますし、
お客さんは喜び、お金をはらってもらえます。

日本初の女性で広告う会社の社長になった、
株式会社エアトランセの江村社長を知っていますか?

彼女が短大生だった時に、
家庭教師のバイトをしようと思ったのですが、
江村社長には、家庭教師をしてほしいという声が、
一向にかからなかったそうです。

そりゃたしかに高学歴で有名な大学の生徒なら、
家庭教師にしたい人はたくさんいると思いますが、
普通の短大生なら、しょうがないですよね。

しかし、そこで江村社長は発想を変えました。

江村社長は、

「自分のような短大生の家庭教師を必要としてるのは、
どんな子どもだろう?どんな両親だろう?」

と、考えました。

そえを考えた末に、

「不良や引きこもりなどで、偏差値40以下しかない生徒さんがいる
家庭で、そのお子さんの偏差値を50にします」っていうサービスを
することにして宣伝したんです。

すると今まで、そのような層に向けてのサービスはなかったので、
こどもが引きこもってたり、不良になってしまって、
「わが子の将来はどうなるんだろう・・・」と、不安を感じている
親御さんの目に止まって多くの家庭から「家庭教師をしてほしい!!」
という声が殺到したんです。

このサービスを開始して江村社長は、
なんと短大生で月60万円以上のバイト代を稼げたそうです。

月60万円ってすごいですよね。

多分、東大とか早慶といういわゆる高学歴で、
家庭教師のバイトをしてる人たちよりも全然稼いでいます。

そして、大事なこととして、
普通の家庭教師を雇う人は元々偏差値が60くらいで、
もう90点とか95点とかの成績を出す好成績の生徒が多いです。

その好成績をさらに5点、10点あげるのってすごく難しいんですよ。

なぜかというと、もうすでに基礎ができているその生徒の5点、10点って、
読み間違いとか書き間違いとかのうっかりミスの場合が多いです。

で、そのうっかりミスって、
もう家庭教師が教えられる範囲とは違いますよね?

それに比べて偏差値30とか40の生徒さんの、
テストの点数を10点あげることって圧倒的に簡単です。

なぜなら、そもそも基礎ができていないから、
例えば九九とローマ字などの本当に誰でも教えられるような部分が原因で、
多くの生徒さんが苦しんていたので、そこを徹底的に教えてあげれば、
あっという間に偏差値が上がって、いわゆる「普通」の学校に受かる
知識が身に付いたんですね。

その点が江村社長の凄かったところです。

「業界で一番になること」ではなく、
「今の自分を求めてくれる人は誰だろう?」

という発想に変えることで、
高学歴の大学生よりも大きな金額を稼げるようになったんです。

もちろん、自分のスキルを高め続けることが大事です。

そうすれば自分の提供できるサービスの幅が広がるので、
稼げる可能性が高まるからです。

しかしそれと同時に、
「今の自分を求めてくれる人は誰なのか?」
の視点も同じように大事にすれば、
あなたが今持っているスキルや経験が、
別に業界トップでなくても稼げる可能性が高いです。

だから、誰でも視点さえ大事にすれば、
コンテンツビジネスで簡単に稼げるのです。

4原則その②:在庫を持たない

次にコンテンツビジネスは、
在庫を持たなくていいということです。

ネット上のコンテンツは、
無形商品なので、在庫を抱える必要がないです。

普通のビジネスだと、
在庫を抱えるビジネスがほとんどですよね。

その在庫を仕入れること自体に、
かなりお金がかかりますからね。

しかも、その在庫を置く場所も借りて用意しなきゃダメです。

ちなみに僕もEC事業をやっていますが、
仕入は毎回100万円単位、在庫置き場として、
8万円のアパートの一室を借りています。

僕の場合はアクセサリーのEC事業なのですが、
これがもし飲食とかなら、その仕入れた在庫が
腐ってしまう可能性もあるんです。

でもコンテンツビジネスであれば、
無形商品のデータで送るだけなので、在庫もいりません。

在庫を置いておく場所も必要ないです。

また、お客さんが自分のブログや販売ページから購入した際に、
自動返信のメールとしてコンテンツにアクセスできる
URLなどを載せておけば勝手に商品がお客さんの元に届くのです。

とてつもなく素晴らしいビジネスモデルですよね。

4原則その③:利益率が高い

コンテンツビジネスは在庫もいらないし、
自分ひとりでできるから人件費もいらないので、
売れた金額のほぼ大半が利益になります。

決済会社によって手数料が変わってくるけど、
決済手数料の数%が引かれてそれ以外の全ては利益。

冒頭でも言いましたが、
例えば1万円の商品が売れれば9,500円とかが利益です。

これって普通じゃありえないことです。

しかも、決済代行会社によっては、
お客さんが分割決済で支払って頂いた場合でも、
次の月に一括で振り込んでくれる場合もあります。

例えば、自分の講座を30万円で販売したとしましょう。

分割払いで24分割を選んだ人がいたとしても、
約28万円くらいの金額を一括で振り込んでくれる
決済代行会社もあります。

つまり、あなたが30万円の商品を月に20個販売して、
購入者の皆さんが全て分割で購入をしたとしても、
本来ならば月の入金は1万円ちょっとの20人分。

なので20万円と少しのお金しか入金されないものが、
実際に支払い月である2カ月後に入ってるくるお金は、
手数料を引いた約五百数十万円ほどの利益が振り込まれます。

それだけで月5百数十万円、
今の時代の平均年収はだいたい400万円と言われてますが、
その平均年収とりも100万円も高いお金を、
たった1ケ月で稼げてしまうこともあるわけです。

実際に僕の月の最高月収は、
616万円までいったことがあります。

これって超すごいことだと思いませんか?

そんなことが可能なくらい、
コンテンツビジネスは圧倒的に利益率が高いのです。

4原則その④:毎月の定期収入が確保できる

コンテンツビジネスは、
稼ぐ流れを自動化することができるので、
労働ゼロで収入を得る状況を作ることができます。

でも、ここまで読んでくれたあなたは、
「自動」って聞いた瞬間に一気に胡散臭く感じませんでしたか?

「は?自動?なんで働いてないのに収入が発生するの?」

ってな具合ですかね?

ちゃんと説明します。

自動で稼ぐって、つまりは働いてないのに、
商品が売れていくってことなんですけど、
これって別に普通のことなんですよ。

だってそれこそ進研ゼミとか、
さっき説明したスタディサプリとか、
世間的に有名な企業だって、自動で稼いでる会社です。

例えば進研ゼミだったら、
毎月教材が届いたりしますけど、
あれって進研ゼミの会社の社長さんが、
毎月毎月、何万、何十万といる購読者の家に、
手作業で届けていると思いますか?

そんなわけないですよね。

申し込みをしてくれた人がいたら、
その人に自動でコンテンツや商品が届くシステムを構築してます。

そして、それは僕ら個人でも可能ってことです。

例えば僕はメルマガを使って稼いでいますが、
そのメルマガのシステムの1つの方法として、
ステップメールという自動でメールが配信できるシステムがあります。

購読1日目のこのメールを送る。とか、
10日目にこのメールの内容を送るみたいなことを、
最初に設定できてしまうシステムがあります。

これも個人で、簡単に設定できます。

なので自分の商品に今日のある人が、
自分のメルマガに登録をしてくれれば、

勝手にステップメールが毎日届くようになり、
自分のサービスや商品の魅力を伝えてくれて、

お客さんが申し込みたい時に申し込んでくれれば、
自分は何も働いていない時でも収入が自動で発生するんです。

それで寝て起きたら、
報酬が入っているという状況になるんです。

なので、そのようなシステムや、
ブログやYouTubeなどからアクセスが自動で集まる状況を作れば、
毎月、自分が働いていなくてもある一定の収入を発生させる
システムを作り上げることも可能です。

つまり、スタディサプリや進研ゼミなどの
大手の会社がしている自動で稼ぐコンテンツビジネスと同じ
システムを構築することが個人が低リスクで実現できるんです。

僕はそのシステムを構築したことにより、
今では労働時間ゼロで月200万円以上のお金が自動で、
銀行口座に振り込まれる生活を手に入れました。

また、この仕組みのおかげで、
前に沖縄に行った時に面白いことが起こりました。

沖縄までは羽田空港から飛行機で行くので、
当然、スマホの電源を切って全く仕事をせずに、
ずーっと本を読んでいました。

そして、沖縄につき、スマホの電源を入れると、
飛行機に乗っていた2時間30分の間に20万円の
コンテンツが4個売れて80万円の収入が発生していました。

そして先ほども言ったように、それはほぼ利益です。

飛行機でのんびりしている時間で、
その沖縄旅行にかかる費用以上を稼いでいました。

みたいなことが日常茶飯事です。

突き詰めると、このような経験ができるのは、
コンテンツビジネスの特権なんです。

以上、僕が個人で稼ぎ続けてきた、
コンテンツビジネスという素晴らしいビジネスモデルの解説でした。

コンテンツビジネスって何なの?

================
1,280円の電子書籍が無料で読めます

僕は今、自動で月収200万円以上稼ぎ、
これまで累計1億円以上稼いできました。

それは僕に才能があったわけでも、
環境に恵まれていたわけでもありません。

それが今では嫌な上司の付き合いや
汗水たらして働くことは一切なく、
毎日が夏休みのような生活を送っています。

元々は高校を中退したただのとび職人で、
労働地獄の毎日を送っていました。

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真剣に取り組んでみたら、
あっさりと人生大逆転に成功しました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
ネット上に資産を作って自動化する方法、
仕組みに働かせて自分が働かなくてすむ方法など、
一生モノのスキルと資産を作り上げてきました。

その経験から分かったことは、
生まれた環境は選べなくても、
勉強をして、正しく行動すれば、
誰でもネットを使って成功できると確信しています。

そして、そういった人が少しでも増えて、
1回キリの人生を幸せに生きる人が1人でも多くなれば、
世の中がもっと良くなっていくと本気で思っています。

そういった信念から、
僕がどのようにビジネスに取り組んでいき、
全くのゼロから資産を作り上げてきたのか、
その成功体験の全てを1冊の書籍にまとめました。

電子書籍は通常1,280円で販売をしていますが、
メルマガ読者さん限定で無料で公開しています。

ストーリー形式で作っているので、
活字が苦手な人でも20分程度でサクッと読めます。


無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、10秒以内に受け取れます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

▼メルマガの詳細はこちら▼

たんたんメルマガ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です