aaa
2021-10-11

【メルマガの質問への回答】コンテンツビジネスをやるってことは、ネット上でカフェをやるのと大体同じって話

どうも、たんたんです。

メルマガでよく貰う意見として、

自分の好きなことをブログとか
メルマガでコンテンツ化するだけで、
自由な人生を手に入れるなんて、
そんなの自分もやりたいに決まってるけど、
自分には難しそうだし、既にやってる凄い人たちも
いっぱいいるし無理ゲーじゃね?
これなんか間違ったこと言ってますか?

byメルマガ読者さん

的なことをぼちぼち言われます。

はい、それ完全に間違ってます。

っていう話を今日はしていきたいと思います。

結論から先に言ってしまえば、
これって芸術作品とかと同じわけです。

そもそも誰も点数で判断してない

そもそも、美術館にあるアートとかと同じで、
僕らのコンテンツに対して、

「はい、あなたの情報は80点」

「君のは60点」

「お前のは10点な!」

みたいに誰も点数で評価はしないですよね?

だから、一番である必要はないわけですよ。

例えば、

・日本の歴史が好きで人よりも詳しい

・料理が上手い

・オリジナルアクセを作って販売してた

・盆栽のカット技術がある

・美大を卒業していて絵を教えられる

こんな感じの人たちが、
ネットでコンテンツ化して情報発信するだけで、
飯が食えるくらい稼げるのか?

って聞かれれば、即答で、

「余裕です。十分可能性はありますよ!」

と答えられます。

でも僕が、
「いやそれ余裕ですよ。大丈夫です!」
って言ったところで、

・「え~でも俺なんかよりも歴史に詳しい人なんて山ほどいるし・・・」

・「料理は好きだけど一流のシェフみたいなのは作れないし・・・」

・「アクセサリー作りは独学だし、趣味だしな・・・」

・「美大は出てるけど、絵のコンクールで入賞したことはないし・・・」

とかってネガティブな反対意見がたくさん返ってくるでしょう。

「言い訳で口を動かすなら手を動かした方がいいですよ」

と、言いたくなるのをグッとこらえて説明すると、

さっきも言ったように、

人は物事を点数で判断していない

ってことです。

自分に置き換えてみたら、
すぐに分かると思いますが、

・何だかおもしろそうなことを呟いてるTwitterアカウントを見つけたからフォローするかしないか?

・インスタでたまたまフィードに流れてきた投稿にイイネするかしないか?

・興味のあることを発信しているメルマガに登録してみるかしないか?

・別に必要ではないけど良さげな商品をネットショップで買うか買わないか?

こういう日々の暮らしでインターネットに触れる中で、
迫られる選択ってほとんどが「なんとなく」で行動してますよね。

・「なんとなくフォローした」

・「なんとなくイイネした」

・「なんとなく登録した」

・「なんとなく読んでみた」

・「なんとなく良さげな商品買ってみた」

でも別にこれっておかしいことではなくて、
人間っていうのはそういう生き物なのです。

大事なことを言います。

人はWhatではなく、Whyで動きます。

これは心理学者が言ってたことですが、
まさにその通りだと思っていて、

人が動くのは数値ではなく、
そのストーリーやシーンなのです。

情報発信でいうところの、
世界観背景といったものです。

商品だってそうです。

全ての商品を、
昨日とか性能といった数値化された見方で、
買うか買わないかを決めている人なんて、
絶対にいないと思います。

例えばコーヒーを買う時に、
このメーカはこういった豆を使ってて、
だから10ポイントプラスして、
こういった焙煎方法かつ何ミリで豆を挽いてて、
だから20ポイントプラスで総合的に判断して・・・

とかって考えてませんよね。

「あ!スタバあんじゃん!行こ!」で、終わりです。

じゃあちょっとコーヒーの話をしたので、
カフェで例えてみましょう。

今までの説明がチンプンカンプンでも、
これならかなり分かりやすいはずです。

コンテンツビジネスってカフェ経営と似てる

別にコーヒーにことに詳しくはないけど、
行きつけのカフェがあったりする人って多いと思います。

僕もコーヒー豆の種類とかよく分からいけど、
近所のカフェにはしょっちゅう行きますからね。

で、もしも多くの人が、
数値でしかモノを判断しない状態でカフェを選んだとしたら、

・一番コーヒーが美味い店

・一番高級なコーヒーを出す店

・一番コスパの良いコーヒーを出す店

・一番安いコーヒーを出す店

しか生き残れないわけです。

でも実際はスタバとかドトールのような
大出カフェチェーンから何十年も続いているような
老舗の個人経営の喫茶店なんて全国に死ぬほどあるし、
普通に商売ができていて成り立っていますよね。

じゃあそれは何ででしょうか?

それは誰もコーヒーの味とか値段だけで判断せずに、

・その店の持つ雰囲気

・人が寄ってくる外観

・店員さんの人柄の良さ

・純粋な居心地の良さ

とかっていう曖昧な
フワッとしたことでその店を選んでるいわけです。

だからこそ、

「いや、カフェなんてスタバが全国に展開してて勝てる気がしないからやめとくわ!」

「どこの店よりも低価格で販売できる仕入ルートがないから、価格で一番になれないから諦めまっす!」

とかにはならないはずです。

で、これと全く同じことが、
ネットビジネスもコンテンツビジネスにも言えます。

ということが今日の重要ポイントです。

なので、

コンテンツビジネスをするってことは、
ネット上でカフェをオープンしてみるのと同じ感覚です。

にもかかわらず、
実店舗の必要なカフェと違ってネットの世界は、
物理的な制約が一切ないので、
当たり前のように誰でも始められます。

誰でもオーナーになることができるのです。

そして、ブログの場合だと、
お隣さんの競合店がいないんです。

例えばリアルなカフェ経営だったら、
あなたの店の近くに大きくて新しいカフェができる
とかってリスクがありますが、

ブログだったらそれがありません。

あなたの隣に人気チェーン店のブログはないのです。

みんながフラットな条件で、
インターネット内のアクセスの1つでしかないです。

だから本質的にはネットビジネスには競合はいないです。

同業者同士の争いなど存在しないのです。

でも、

「争わなくていいなら、楽勝じゃん♪」

っていうのは違います。

僕がさっき言った大切な言葉をもう一度思い出して欲しいです。

数値じゃなくて雰囲気や世界観が重要になる

というのが正しい認識です。

なので、

・自分はまだまだ未熟だから・・・

・もっとすごい人がいっぱいいるから・・・

・既にやってる人がたくさんいるから・・・

とかっていうのは本当にどうでもよくて、
本当に大切なのはもっとシンプルに、

昔の自分に教えられることはないですか?

ってことです。

その分野においての自分の今の実力とか、
功績とかって実は大した問題ではなくて、

だからこそ、そういった側面で見てみると、
誰のだって成功できるものといえます。

ってな感じで、
コンテンツビジネスは雰囲気や世界観が大事ってことが、
伝わってくれれば嬉しいです。

コンテンツビジネスの関連記事はコチラ↓

コンテンツビジネスは難しい?いやいや簡単です。

Amazonランキング5部門で上位入賞の書籍を読めます

僕はここ3年で累計1億円以上、
月収200万円を稼ぎ続けています。

それは才能があったわけでも、
環境に恵まれていたわけでもありません。

もともとは人見知りで友達も少なく、
中卒でとび職人をやるも怒られてばかりの
典型的なダメダメ人間でした。

お金がなさすぎて、
もやしを食べて生活してた時期もあります。
(ガチです。)

お金も知識も人脈も何もかもゼロでしたが、
一歩勇気を出してビジネスを始めてみると、
意外にもあっさりと人生が180度変わりました。

そのビジネスを学ぶ途中で、
人を動かす方法や戦略を立てる方法、
ネット上にコンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校の先生は絶対に教えてくれないことを学ぶことができました。

その僕自身の経験から、
生まれた環境は自分で選べなくても、
正しい方向に努力して正しく成長すれば、
誰でも資産を手に入れて豊かになれると確信しています。

そして、そういう人が1人でも増えれば、
日本人一人一人が活気づけられて、
世の中の商品やサービスがグレードアップし、
世界はより良いものになると本気で思っています。

そういった僕の理念から、
僕がどのようにビジネスに取り組んで、
全くのゼロから資産を気付いていったのか。
その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

そしてその電子書籍がAmazonランキングの、
「個人のビジネス成功論」やその他4部門のカテゴリで、
上位入賞をすることができたのでそれを記念して
メルマガ読者さん限定で書籍を無料で公開しています。

ストーリー形式で書いていて、
活字が苦手な人でも20分もあれば
サクッと読めてしまう内容なので、
もし興味があれば一度読んでみてください。

電子書籍「暴露!元とび職人の収入自動化術」を読んでみる

メアドを入力すれば、15秒以内に受け取れます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

\▼メルマガ登録はコチラから▼/

<メルマガの内容をチラ見せすると・・・>

◆ほったらかしでも月200万円以上稼ぐ「自動化」の方法とは?
◆3か月で脱サラ・起業し、なおかつ豊かな人生を歩むために必須の考え方とは?
◆一撃600万円を達成したプロモーションの裏側とは?
◆1日10人以上がジャンジャン集まる集客戦略とは?
◆Webマーケティングをリアルビジネスにフル活用する方法とは?
etc...

もしもこの記事が役に立った!と思われたら、
ページ最下部のコメント欄にコメントを頂けるとすごく喜びます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です