aaa
2021-04-22

「超重要」情報発信は現代の錬金術だって話

どうも、たんたんです。

僕は少し前から、
与沢翼さんの月額12,000円の
Youtubeコミュニティに入っているんですが、

その中で与沢さんが言っていた情報発信の解説が、
個人的にぶっ刺さったのでその内容をシェアしていきます。

結論から言うと、

情報発信=社会的な資本

であり、その価値は今後
さらに拡大をしていくだろうって話です。

お金持ちになりたい!って人は、

絶対に情報発信をやった方がいいよってことで、
今回は”情報発信をするべき理由”についてお話をしていきます。

現代のルール

今の時代に生きている人は、
“経済的に豊かになりたい”と思っている人が大半だと思います。

現代の経済を支配している
ルールは”資本主義”です。

資本主義の時代に”勝者”になるためには、
絶対的に資本を持っていなきゃいけませんね。

ちょっと残酷は話ですが、

お金持ちだけがドンドン豊かになって、
貧乏人たちはなかなか豊かになりにくい。

それが現代のルールです。

例えば年収500万円の会社員にしたら、
年間240~250日を必死こいて働いて、
ようやっと500万円を稼ぐことができます。

しかし、例えば不動産や株や債券などの、
“資本”を持っている資本家の人間が、

仮に年利5%で1億円の資産を持っていれば、
寝てても年間500万円が入ってくる。

というのが資本主義の現実です。

現代の資本主義のルールだと、
“資本”を持っている人が勝つ。
じゃあ資本を手に入れよう!

な~んていっても、
けっこう難しい話ですよね。

年収500万円の会社員が
1億円の資産を持とうと思ったら、

とんでもない時間をかけるか、
宝くじを当てるかしないと不可能ですよね。

なので、

  • 親がお金持ち
  • 会社経営で成功した人

などなどの一部の人でしかないと、
なかなかたどり着けるものではありません。

だからこそ、
情報発信を始めてビジネスをしようよ
ってことなんです。

実は、情報発信というもの自体が、
現代の資本主義ルールの中での、
“資本”になっていきます。

多分、なんのこっちゃって感じだと思うので、
もうちょっと掘り下げてお話をしていきますね。

情報発信=社会資本

実は、現代においては
情報発信をうまくすれば、

“1億円の資産”に匹敵する資本を
全くのゼロから生み出せます。

この部分を与沢さんは言ってました。

例えば、

インスタグラマーでフォロワーが40万人の
“ごく普通の主婦”の人がいたりします。

彼女は、

  • 無印良品で買ったもの
  • 100円ショップで買ったもの

などをインスタで情報発信しています。

そこから月収300万円ほど稼いでる。
と、本人のTwitterには書いてありました。

(金額の裏どりはしてませんが、
フォロワー数やエンゲージメントを考えると全然ありえる話です。
むしろもっと稼いでてもおかしくはないです。)

Twitterではしっかり自分のコンテンツを作って、
マネタイズまで持って行っていますね。

Instagramの方では、

  • 企業案件の広告収入
  • アフィリエイト

などの収入がメインだと思います。

単純計算で月収300万円が12カ月続いたら、
年収は3,600万円になります。

もちろん波があると思うので、
半分の2,000万円で考えてみましょう。

その”資本”が5%利回りだとしたら、

4億円の資産と同等の価値になります。

しかも、彼女はただの主婦です。
別に特別なスキルも資本もなく、

ただ”うまく情報発信をした”ことで
その資産を手に入れたことになります。
(まぁそれが難しいんですが、、、)

彼女のインスタのフォロワーは、
1万人→40万人に1年間で激増したそう。

まさに、現代の錬金術といえるのが
この情報発信だってことです。

情報発信の価値を理解するべき

SNSなどを見ていると、

情報発信でうまくいっている人ほど
めっちゃくちゃ努力をしていて

情報発信でうまくいってない人ほど
そこそこしか努力をしていない

ってな感じの、努力格差がかなりあります。

Twitter、YouTube、Instagram、
Facebook、TikTok、noteなどなど、

どのSNSを見ても同じです。

成功している人ほど、
努力をして情報発信をしています。

それはなんでかって言うと、

情報発信の価値を、
しっかりと理解しているからです。

ほとんどの人が、
分かった気になっているだけで、
本質の価値を見れていないんだなって感じます。

資産とは?負債とは?

「金持ち父さん貧乏父さん」で有名な、
ロバートキヨサキの定義によると、

資産とは、
あなたのポケットにお金をいれてくれるもの。

負債とは、
あなたのポケットからお金を奪っていくもの。

って言われています。

情報発信をしていて、例えば、

  • 毎月100万PVのブログを運営している
  • 10万フォロワーのSNSを持っている
  • 登録者10万人のYouTubeチャンネルを持っている

これって、とんでもない資産です。

でもこれは、「金持ち父さん貧乏父さん」が
書かれたころにはあまり考えられていなかった資産なんです。

SNSという巨大な人の流れができたことで、

たくさんの人が来るブログ、
たくさんの人が見ているSNS
などなどは、

昔でいうところの、

銀座の一等地のビル

と同等の価値を持っていると言えます。

しかもこれらの資産には、
税金が全くかかりませんからね。

「あなたはブログのPVが10万を超えたので、インフルエンサー税を払ってください」

なんて言われることは絶対になくて。

ある意味で、不動産なんかよりも
よっぽど価値のある資産が、
情報発信を通して作られた”信用残高”なんです。

さらに、この情報発信で得た信用は、

  • 問題解決をするとき
  • 情報を知りたいとき
  • 仲間がほしいとき
  • 精神的なコミュニティ

などにも使える資産であることです。

僕が所属してる経営者コミュニティなどでは、
問題解決のアイデアや、事業のお手伝いなど、
直接的な金銭リターンには代えられない価値があったりするんですよね。

今から情報発信は遅い?

よく、
「今から情報発信を始めても、ライバルだらけでもう遅いんじゃないか?」
ってなことを言っている人がいますね。

仮に挑戦をしたとしても、
100人いたら99人は途中で諦めて辞めていきます。

結論から言えば、

情報発信をして個人のメディアを持とうとか、
学習を始めようとかの話に遅いもへったくれもない。

やる。これ一択。

思ったその日から始めるしか選択肢はない。

でもほとんどの人は重要なことは後回しにします。ほぼ確実に。

その理由は、今すぐに始めなくても困らないというのが大きいのですが、

すぐに困らないことは、後々になってくると大きく困ることになってくるもんです。

とにかく、これからの時代は
“経済格差”はドンドン広がっていきます。

そんで、

その上位にいる人=資本をもっている人

それ以外の大多数の下位の人=資本をもってない人

ってな感じに分かれていきます。

その資本の中で、元手がいらずの最強の資本が、

情報発信で得られる信用残高ってことです。

情報発信でたくさんの信用を獲得していけば、

  • 自分の商品を販売できる
  • アフィリエイトでも上手くいく
  • 自分で仕入れた商品を販売できる
  • 宣伝をして広告費をもらう

などなどの手段を使って、
いくらでもお金を稼ぐことが可能です。

この、資本をもってる人と持ってない人の格差が
とんでもなく大きく開く時代に突入をしていくってことです。

改めて、情報発信をもっと頑張っていく理由ができましたね。

================
1,280円の電子書籍が無料で読めます

僕は今、自動で月収200万円以上稼ぎ、
これまで累計1億円以上稼いできました。

それは僕に才能があったわけでも、
環境に恵まれていたわけでもありません。

それが今では嫌な上司の付き合いや
汗水たらして働くことは一切なく、
毎日が夏休みのような生活を送っています。

元々は高校を中退したただのとび職人で、
労働地獄の毎日を送っていました。

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真剣に取り組んでみたら、
あっさりと人生大逆転に成功しました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
ネット上に資産を作って自動化する方法、
仕組みに働かせて自分が働かなくてすむ方法など、
一生モノのスキルと資産を作り上げてきました。

その経験から分かったことは、
生まれた環境は選べなくても、
勉強をして、正しく行動すれば、
誰でもネットを使って成功できると確信しています。

そして、そういった人が少しでも増えて、
1回キリの人生を幸せに生きる人が1人でも多くなれば、
世の中がもっと良くなっていくと本気で思っています。

そういった信念から、
僕がどのようにビジネスに取り組んでいき、
全くのゼロから資産を作り上げてきたのか、
その成功体験の全てを1冊の書籍にまとめました。

電子書籍は通常1,280円で販売をしていますが、
メルマガ読者さん限定で無料で公開しています。

ストーリー形式で作っているので、
活字が苦手な人でも20分程度でサクッと読めます。


無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、10秒以内に受け取れます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

▼メルマガの詳細はこちら▼

たんたんメルマガ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です